ブックメーカーの入出金は”ecoPayz (エコペイズ)”が基本。

NOTICE : ご登録頂いた場合、シルバーアカウント無料アップグレード手続きにより、自動的に手数料の少ない【Goldアカウント】へ特別ジャンプ・アップグレード致します。是非ご利用ください。ecoPayz-title

「まずはお金の流れを解説!」でも説明していますが、e-wallet(イーウォレット)はecoPayz(以下、エコペイズ)というサービスを利用するのが一番簡単です。

ここではこのエコペイズについて、詳細をご紹介いたします。

海外資金移動を安全に実現するエコペイズ・ゴールド

ヨーロッパではオンライン・マネープロバイダ(資金移動サービス)として、今では広く知られているエコペイズ。英国の金融庁認可を受けており、堅牢確実な運営体制を取っています。
エコペイズのサービスは手軽に資金を様々な形態で移動させることが可能なこと。
私達ブックメーカーを行なうユーザーに対しては、ブックメーカーサイトとの仲介役となって存在しています。
エコペイズのようなサービスが無い場合、海外のブックメーカーサイトとの資金のやり取りはかなり時間が掛かるようになり、手数料も大きく掛かってしまうことになるでしょう。その部分を安価な手数料で引き受けてくれるサービス、それがエコペイズ・ゴールドです。

日本国内の銀行へ”高速ローカル出金”

よくある海外送金サービスは、外貨送金(仕向送金及び被仕向送金)として銀行で対応されることになり、2019年より銀行へのマイナンバー報告義務が発生することとなりました。更に多額の送金となると、銀行から「どのような目的の送金なのか」を聴取される場合も有ります。

エコペイズでも上記の一般的な海外送金サービス(仕向送金及び被仕向送金)を行なっているのですが、現時点(2019年1月)ではいわゆる「マネー・ロンダリング防止法」の規制で、海外からの送金を受け取ることの可能な銀行が少なくなってきています。ブックメーカーやカジノ系及びFXの関連となる送金には、今後規制が完全周知され対応銀行は無くなってしまうことでしょう。

そこへ登場したエコペイズの”高速ローカル出金サービス”。

通常、銀行側で行なう外貨送金の手続きを、エコペイズ関連代行業者が仲介することにより、日本円で国内各所の銀行へ振込可能となったサービスで、エコアカウント(エコペイズ内でのアカウント)として日本円アカウントを作成することにより可能となるものです。

この高速ローカル出金サービスを利用すると、大手銀行はもとより、地方銀行や信用金庫でも送金の受け取りが可能となります。

エコペイズ会員同士の送金も可能

エコペイズ会員同士であれば、即座に送金が完了します。海外への友人や家族への送金などに便利なサービスです。

エコペイズ公式サイトへ>>>
ecoPayz公式サイト


コメントを残す

page top

Translate »