NBA ベットメニュー解説(1XBET/betcart/bet365比較)

Blogの方でウチのmeさんが採り上げたNBA。
NBAに限らず、バスケットボールは他にも各国で行なわれているが、これまで「サッカーやテニスしかベットしたことがない」というユーザーのために、ここでNBAのベットメニューを解説します。

また、ここではNBAが得意なブックメーカーである“betcart”(ベットカート)(閉鎖中)もご紹介。
当サイトがオススメする1XBETと共に、メジャーなbet365を交えて比較しながら解説していこう。

NBAのオッズ

bet365-odds

NBAはシーズン中、毎日のようにゲームがある。ここで事前にベットするタイプのユーザーの場合、大手のブックメーカーではゲーム開始6時間前あたりまではオッズが提示されない。
基本的にそれまでの間は、各ブックメーカーで設定しているベースオッズのみが表示されている。
例えばbet365の場合、NBAエリアのベースオッズは「1.90」(変更される場合あり)。また、オッズの設定前のものは「OTB」(Off The Board / 「発表前」という意味)と表示されており、ゲーム開始までに提示されるのを待つしかない。

対照的に独自のデータベースに則って運営するブックメーカーでは、スポーツにより得意・不得意はあるが、大手よりも早い段階でオッズを提示できる場合がある。
今回採り上げているのはNBA。
NBAオッズをゲーム当日開始時よりもできるだけ早く把握できれば、オッズが低くなる前にベット可能となるし、またユーザー自身の都合に合わせてフレキシブルに対応出来る様になり、オッズが出るタイミングでの時間を確保する手間が省けることになる。

ここで当サイトがNBAベッティングに最適な2つのブックメーカーをご紹介する。

betcart (ベットカート) / 1XBET (ワンバイベット)

betcart 1XBET

1つ目はオランダサーバの”betcart”(ベットカート)。メニューも整理されていて非常に見易く、高オッズを配信してくるスポーツブック。
日本語及び日本円(JPY)に対応しているから利用し易い。
2つ目には当サイト一押しのスポーツブックであるロシアの“1XBET”(ワンバイベット)。こちらはロシア国内でも実店舗が1000店を超える程の巨大な資本力を持ったブックメーカーだけあって、サーバも各所に配置されている。当サイトからのジャンプだとドイツサーバへ繋がるようになっているが、他にライセンス元のキュラソー島、US、本国ロシアと、ロシア国内だけでもデータセンターを4箇所確認している。ドイツも複数箇所あるようだ。
それだけメンバーユーザーの多い1XBETだが、こちらもNBAに関しては数日前よりオッズを提供してくれる数少ないスポーツブックである。
こちらは日本語のみ対応。ドルやユーロ建てユーザーにお勧めする。

まず通常のベットメニューを解説。「通常」というのは事前にベットするタイプのもの。
ゲームが始まる前に予想する必要があるため、それに応じたメニューがラインナップされる。(Liveベット時とは内容が異なる)

ベット画面の比較

2015/12/26「Houston Rockets (ヒューストン・ロケッツ) vs San Antonio Spurs (サンアントニオ・スパーズ)」の画面を比較してみよう。

betcart-default

“betcart”(ベットカート)

NBAベッティングのオススメとして筆頭に挙げるbetcartだが、上部の言語メニューから日本語を選択できる。ほど良い程度の範囲が日本語化されるため、非常に見易い印象。なぜbetcartをオススメしているのかというと、オッズ・コンパリ(オッズ比較)を利用されているユーザーであれば既にご存知のとおり、NBAオッズを広範囲で高く設定し、頻繁に高いオッズを提示してくるスポーツブックだからである。(1XBETも同じ様に日本語化が可能)

bet-search対してbet365の画面は、当然のごとく英語のみ。慣れてくると問題無いが、英語がどうしても苦手というユーザーにはいつまでたっても受け入れられない。また、大手には多いのだが、検索ボックスが用意されていないため、私自身も実はほとんどbet365を利用していない。
チーム名や人の名前だけしか分かっていない場合、ベットメニュー自体を探すのが困難だからだ。
その点、betcartには画面左上にサーチボックスが配置されており、非常に使い勝手が良い。
注 : このサーチボックスには日本語(ひらがな・カタカナ)を入力しても対応していない。アルファベットのみ。また、ベット項目を検索する用途のため、ベットメニューの無い関連用語を入力してもヒットしない。

それでは、NBAのベットメニューを見ていこう。

NBA Bet Menu (事前ベット編)

result引き続き画像例は、 2015/12/26「Houston Rockets (ヒューストン・ロケッツ) vs San Antonio Spurs (サンアントニオ・スパーズ)」のゲームから。

左にリザルトも合わせて先に載せておくので参考にして欲しい。
詳細Statsはこちら

※ここでは3種類のブックメーカーからベットメニューを比較する。
前提として、クリスマスウィークだけに各社で通常とは別のメニューも出現していた。この辺りはいつも出ているメニューとは限らないことをご了承頂きたい。
更に、各社によりメニューの呼び名が変化する。
この点についても、各項目の中で説明をしておくので参考に。

3社のメニュー画像(全てのメニュー項目が確認出来ます)
betcart (ベットカート) JP(日本語) 77KB / ENG(英語) 78KB
1XBET (ワンバイベット・日本語) 240KB
bet365 (ベットスリーシックスファイブ・英語) 94KB

ベットメニュー 解説
ベットメニュー 解説
Moneyline Full Time
マネーライン フルタイム
01-moneyline

“betcart”(ベットカート)

勝敗を予想する一番ベーシックなメニュー。「勝つ」と予想する方を選択する。

betcartでは、ヒューストン・ロケッツ 3.25倍 サンアントニオ・スパーズ 1.32倍
この場合、1.32倍とオッズの低いサンアントニオ・スパーズの方が
勝利する可能性が高いと事前評価されていることとなる。
1XBETではホームを「1」、アウェイを「2」とする”1×2″(ワンバイトゥー)表記。微妙にこちらの方がオッズが高い。

Spread & Over / Under
スプレッド、オーバー/アンダー
02-spred-over-under

“betcart”(ベットカート)

NBAベッティングではスタンダード。この予想で獲りに行くのが王道になる。
得点結果を予想する2通りのベッティングメニュー。ハンディとゴールスコアを設定する。

Spread (スプレッド)
「Spread(スプレッド)」というのはスポーツベッティングでは「差」を意味する用語。
アメリカン・フットボールのベッティングでも使われる。「ハンディキャップ」の考え方と同じであるため、
サッカー・テニスベッティングで既に慣れている方は同じように考えて良い。”1XBET”では初期状態から「ハンディキャップ」表示。

例1 : betcartにてサンアントニオ・スパーズの「-7」オッズ1.93へベットしたとする。
 リザルト画面を見て頂ければ分かるように、スパーズの総獲得ポイントは「84」。
 ここから「-7」(7ポイント差し引く)わけだが、既にロケッツに負けている結果のため、このベットも「負け」となる。
 本来は、スプレッドに「マイナス」が付いている方が強いと予想されているのだが、
 このゲームではやはりホームのロケッツ、クリスマスゲームでは負けられないということで頑張ってしまった。

例2 : 1XBETのメニューでもうひとつ例を。
 少し解りづらいが、左の列がハンディキャップ「1」=ホーム側のロケッツに対する項目、右のハンディキャップ「2」=アウェイ側がスパーズへのベット項目となる。
 全てのハンディメニューは、ベットメニュー全体図を見て頂ければ分かるかと思うが、上の画像は上方4項目を表示している。
 ゲーム結果から言うと、88 – 84の4ポイント差でスパーズは負けているので、スプレッドベッティングでスパーズを選択して勝つためには「+4.5」以上のメニューが必要。しかし、このゲームでは+2.5までのみ。従ってどこにベットしても負けることとなる。それほどスパーズの勝利予想は固かったことが伺える。
 現実的にこのメニューでスプレッドベッティングをスパーズで行なったユーザーは多く、ブックメーカー側のボロ儲けとなってしまう形に。
 こういった場合、次回のスパーズのゲームではハンディ設定がもう少し緩和されることが多く、次ゲームで勝てるチャンスが大きくなることも合わせて覚えておくと良い。(次回も同じような設定で来るブックの場合は儲け主義。早目に利用するのを止めた方が吉。)

Over / Under (オーバー / アンダー)
こちらは2チームの総得点から予想するもの。このゲームの場合には、88+84=172。「172」ポイントとなるので、「アンダー」へベットしていればどの項目でも「勝ち」。逆に「オーバー」へベットしてしまった場合、全て「負け」となる。
メニュー項目としては”TOTAL”(トータル=”合計”の意)と表示される。
このゲーム、ブックメーカー側はどのように設定していたのだろうか?
オーバー側の一番低いオッズ1.33はポイント設定が「196.5」。アンダー側の一番低いオッズ1.36は「212.5」。
各ポイントを半分に割ると1チーム分の得点予想範囲が解る。「98.25 ~ 106.25」。今回のゲームでは少なくともこの得点範囲での勝負が行なわれるはずだったということになる。結果はかなり違ってしまったのだ・・・。

bet365ではマネーラインも含めて簡素な形のメニュー。
この時点でのオーバー/アンダーのオッズはデフォルトオッズ。しっかりと確定していないものなので、損をする確立が高い。

Quarter Betting
クォーターベッティング
03-moneyline-1q

“betcart”(ベットカート)

04-spred-1q

“betcart”(ベットカート)

クォーター毎にベッティングできるメニュー。
上で解説してきたメニューが試合終了後の総合得点なら、こちらはクォーター毎の得点に対してベットできるもの。
バスケットボールは4つのクォーターで1試合となっているから、ブックメーカーによっては全てのクォーター別でベット可能な場合がある。
こちらもスタンダードなメニューとなるので、マネーライン・スプレッド(ハンディキャップ)・オーバー/アンダーの項目がある。
ちなみにこのゲームでは第1クォーターのみメニューが出ていた。(ゲームにより変更される)

Halftime / Fulltime
ハーフタイム / フルタイム
05-half-fulltime

“betcart”(ベットカート)

ハーフタイム時(前半終了時)と試合終了時の勝者を予想する。
このメニューは通常”Halftime / Fulltime”と表示されるが、日本語化すると「前半 / 試合終了」という表示になるため、一見分かりづらい。
バスケットボールでは第1・第2クォーターを前半、第3・第4クォーターを後半としている。そのため、「ハーフタイム時」というのは第1・第2クォーター終了時の段階で、どちらがポイントが多いのかということ。

ベットの考え方としては、ホーム&アウェイの1X2でチームを見る形。このゲームでは「1」がロケッツ、「2」がスパーズとなる。
参考画像のオッズが5.30の「1 / 1」の意味は、「ハーフタイム時の段階で勝っているのはロケッツ、更に最終的に勝ったのもロケッツ」ということ。

この試合は元々スパーズが勝つと予想されていたゲームだったので、「2 / 2」が一番低いオッズとなっている。
「X」は同点状態。なかなかハーフタイム時での同点は少ないので、オッズも高い。

bet365でのメニューでは”Double Result”(ダブルリザルト)として提供される。”Tie”(タイ)は「同点」の意。
同じように左側に来るチーム名が前半終了時に勝っているチーム、右側が最終的に勝利するチームとなる。

Total Team Points
トータルチームポイント
06-total-teampoints

“betcart”(ベットカート)

チーム毎の総得点数をオーバー/アンダーで予想する。
先に説明したものは両チームの総得点数に対してベットするものだったが、こちらは各チーム毎の得点数をオーバー/アンダーで予想するもの。
意外と両チーム総得点よりも、こちらの方が的中し易いかもしれない。
このメニューを見ると解るのが、ブックメーカー側で予想している各チームの得点数。
この数字を見てから、総得点のスプレッドやオーバー/アンダーを考えるのもひとつの指標ではある。

1XBETの場合はチーム名ではなく”1X2″表示となっているので注意。
「合計」というのは全てのクォーターでの得点合計・・・要は総得点という意味。「個人」と表記されてしまっているのは「チーム」の意味だと思われる。
Winning Margin
ウイニングマージン

07-winning-margin

勝利するチームの得点差を予想する。
読んで字のごとく「勝利差」を予想する。勝ち負けは得点差で決まるから、この場合には「勝利側の得点差」を当てにいくベット。
得点差設定には幅があり、「どちらのチームが」「何ポイントプラスで勝つか」を予想してベットするメニュー。
これを基本として他にもオプションメニューが用意される。>3way / 7way / 12way など。
オプションメニューでは”Any Other”や”Any Team”という用語が出てくる場合がある。
これは「いずれかのチーム」という意味で、得点差のみを考えれば良いもの。

Race to Points
レース トゥ ポイント
11-race-to-points

“betcart”(ベットカート)

設定された得点にどちらのチームが先に到達するかを予想する。
betcartでのメニュー設定は上記の3種(12 / 25 / 45)。
対する1XBETでは6種(5 / 10 / 20 / 30 / 40 / 50)設定されていた。

bet365では「20ポイント」のみ用意されていた。これを寂しいとみるかひとつで十分と見るかは貴方次第。

Total Odd/Even
トータルオッド/イーヴン
13-total-odd-even

“betcart”(ベットカート)

13-totalteam-odd-even

“betcart”(ベットカート)

試合終了時の総得点数が奇数か偶数かを予想する。
“Odd”(オッド)というのは「奇数」。対して”Even”(イーヴン)は「偶数」。ゲーム終了時の総合得点が奇数か偶数かふたつにひとつのベット。
チーム別のメニューも合わせて用意される場合がある。
このゲームの総合得点結果は88+84=172。「172」は偶数のため、「偶数のオッズ1.90」にベットしていれば的中。

NBA Bet Menu (Liveベット編)

NBAは日本時間で午前中から昼間にかけて行なわれることが多い。なかなかLiveベット出来るようなタイムテーブルをお持ちのユーザーも居ないかと思うが、意外にも主婦(主夫!?)層でのNBA人気も高いそうなので、Liveベットのメニュー画像も合わせて紹介しておこう。

画像例として採り上げるのは、事前ベット編と同日に行なわれた、
「Golden State Warriors (ゴールデンステイト・ウォリアーズ) vs Cleveland Cavaliers (クリーヴランド・キャヴァリアーズ)」のクリスマスマッチ。

betcart-live-default

“betcart”(ベットカート)

betcart (ベットカート) Liveベット画面

betcart-live-main

“betcart”(ベットカート)のメインLiveベット画面

betcart-live-halves

こちらは”Halves”(ハーヴス)。前半及び後半分のベット項目のみ表示されるオプションタブ。

betcart-live-quarters

こちらは”Quarters”(クォーターズ)タブ。Liveなので、その時点でのクォーターベット画面をまとめて表示。非常に分かり易い。

betcartのLiveベット全容(All Markets)はこちらで確認を。
画像をしっかり見て頂ければ判ると思うが、betcartの場合にはLiveでの操作し易さを最優先に考えているのが解る。タブ別にカテゴリー分けすることによって得られるベットのし易さは、秒単位で判断するLiveベットではかなり意味が大きい。
betcartの場合には、ここから更にベットし易い様に、事前ベット時のメニュー画面から大きく変更し、項目を細分化して解り易くしている。
例えば事前ベットの項目では同一メニューだった「スプレッド」と「オーバー/アンダー」の項目が別々に分けられている。
Live中は、いちいち確認している間にゲームが動いてしまうから、こういった配慮は嬉しい限り。
出来るだけタブを切り替えて使い分けをし、ベットメニューを見易くしておくと間違いが少ないはずだ。

1XBET (ワンバイベット) でのLiveベット画面

1XBETにてLiveベットする際、注目して欲しい部分がある。
cont
画面中央部のインフォメーションエリア上部に3つのボタンがさり気なく設置されているのに気付くだろうか?
このボタンは上手く利用すれば、何倍も楽しめるように設置されているツールボタンなのだ。

center-1xzone-s

左の「1xZone」をクリックするとこの画面。通常はデフォルト画面なので、何もしなければこの状態。

center-play-button-s

中央の”Play”ボタンを押すとこの画面になる。スコアボード確認を直ぐに行える画面だ。

center-LiveTV-s

右側の四角ボタンは”Live-TV”ボタン。bet365の様に中継画面がゲームによっては観ることが可能。解像度も高い。

1XBETのLiveベットメニュー全容はこちらで確認を。
まず、左側「1xZone」ボタンはデフォルト画面に戻るボタン。通常Liveベットではこの画面で開かれる。
詳細なデータが随時更新され、表示出来るようになっているので活用して欲しい。
画像例は、下部のタイムライン上へカーソルを乗せてポイント状況を確認している状態。(CAVS側の”4″の情報が表示されている)

中央はクォーター別のポイントも確認できるスコアボード。スプレッドやオーバー/アンダーのポイント確認に利用できる。

最後に一番右側の四角いアイコンのボタンはライヴ中継画面へ切り替えるボタン。
画面の右上に1XBETのLiveオッズが表示される。
この画面、ご存知の方は多いかと思うが、実はストリーミング放送も1XBETは行なっているため、ベット画面でも同じ様に観られるようにしているとのこと。bet365のLiveストリーミングは有名だが、有料高額で有名なNBAがタダで観られるのはポイントが高い。
しかもこの画像、解像度が高く、TVでも50インチ程度までは対応する。

さ・ら・に。
大っぴらには言えないが、この画面は(ゲームによるが)ログインしなくても観られる(笑。メンバーでなくても観られてしまうフトコロの広さなのだ。
#こういったLiveストリームの世界では有名なacestreamをご存知だろうか?あなたの観たいスポーツが有料で観られない・・・など良くあることだが、現実的には全てFreeで観られてしまう世の中になっていることを知っているのはネットマニアだけ。一度、サーチしてみると良い。何でも望みのものがFreeで観られる状況にすることは可能だ。ただしネット回線は出来るだけ高速な環境にすることが前提ではあるが。

center-LiveTV-s2

1XBETでならNBAもタダで観られる。信じられないヒトは実際に体験する価値有。そこにLiveで中継されるステフィン・カリーが居るのだ。

Live-TV-zoom-button-s

利用中のデバイスで全画面にしたい場合、ちゃんと拡大ボタンのアイコンがある。気が利く1XBET。

betcart-reg

オッズと利用のし易さはbetcart。Live画面は1XBETでNBAを楽しもう!

リンク先のブックメーカーで登録のしかたや使い方の分からない場合には、お気軽にコンタクトフォームよりご相談下さい。
2016/01現在で3日以内には第1報の返信が出来るかと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

by hal (P4T.net team / EU betting division)

Save

Save


コメントを残す

page top

Translate »