テニスで勝つ!Liveベットの考え方

以前「Stats(スタッツ)を利用する」でテニスのお話に少し触れましたが、
今回はLive(in-play)ベットについての考え方をご紹介したいと思います。

テニスは他のチームスポーツと違って基本的に個人戦です。
チームスポーツの場合、ひとりやふたり変更しても著しく状況は変わりません。
プロの場合は。

ただ、個人スポーツの場合は調子の悪さが結果に大きな影響を与えます。

これを前提にブックメーカーへ置き換えて考えてみましょう。

チームスポーツ[サッカーやNBA(バスケットボール)、野球、アイスホッケー]に対して
ベットする場合には、開始前のStatsで予想してもそれなりに結果を出してくれるのですが、
個人スポーツ[テニスやボクシング、ゴルフ、ウインタースポーツのスキーやスケートの類]は、
選手の調子に依存する割合が大きいため、できれば映像で観戦しながらベットしたいもの。

Live映像を見ていれば、知らない選手でも、
対戦する相手に対して有利な状況なのか、それとも不利な状況なのかを判断出来ます。

年間を通してブックメーカーでゲーム数の多いテニスを取り上げて実践してみましょう。

bet365にて実施します。登録はこちらから
(テストケース : 2015/05/26 18:00 全仏オープン1回戦 ぺトラ・クビトバ vs マリーナ・エラコビッチ)

今回はbet365にてLiveストリーミングが無かったため、WOWOWで観戦しながらベットする形。

環境づくり。

まずbet365のインターフェイスを整理しましょう。
Liveベットはタイミングとスピードが勝負。ベットしやすい環境づくりをしておきます。

ログイン後に「In-Play」画面へ。

live-01

画像クリックでハッキリ表示

「In-Play」クリック直後の画面

左のラインナップから対象ゲームを選択
  (これ、結構探しづらいので試合開始前15分くらいは余裕を持ってスタンバイしましょう~)
赤丸➀ : 必要の無い競技項目は閉じてしまいましょう。
赤丸➁ : Live画面を拡大しておきます。
      ここを拡大することで中央の”ベットメニューエリア”の幅が狭くなります。
      (わざと狭くする)
      あまり広いと選択するときにマウスポインタ(カーソル)が迷います(笑
赤丸➂ :必要の無い部分は閉じておきましょう。
左上のFAVOURITES(お気に入り)へ入れてしまいます。
(ゲーム項目の右端に☆マークが薄く表示されていますのでそこをクリック)

live-02

画像クリックでハッキリ表示

このような状態になりました。
Liveストリーミングがある場合には別窓で出して観やすいところに配置しましょう。

Quick Bet (クイックベット)

クイックベットとは、先にベットする金額を決めておいて2クリックのみでベットする方法。

通常の場合、「メニュークリック>金額入力>ベット決定」と行なうところを、
「メニュークリック>ベット決定」と短縮できるメリットがあります。

live-bet-slip01

「Bet Slip」クリック>赤丸部分「OFF」をクリック。

live-bet-slip02

「ON」になりました。
赤枠へ事前に金額を決めて入力します。(小数入力OK。10.5など)
下には事前に設定されたボタンが有りますので、忙しいときの変更に便利。(増額のみ注意)

「ゲームスタート」

知らない選手のゲームであれば現況確認の時間です。
できるだけ早目に両者のコンディションを把握しましょう。
事前にできることも有りますが(笑

☑どちらの選手がランキングで上なのか = ランキング上位側の選手をマーク
☑1stサーブがしっかり入るか
  2ゲームくらい(互いのサービスゲーム)を観て立ち上がり状況を判断します。

既に有名でご存知の選手であれば直ぐにベットしていきましょう。
強い選手はサービス側であれば立ち上がりはほぼ勝利します。
(相手側も状況確認するため、いきなり本気で立ち向かわないので)

ベット項目の確認

「GAME WINNER (このゲームの勝利者はどちらか?)」でベットします。
「SET WINNER」とは違いますのでご注意を。

テニスは1セットで6ゲーム先取が基本。3セットのうち、2セット先取で勝利。
(グランドスラムでの男子は5セットのうち、3セット先取)
(詳細なルールをご存知ないかたはWOWOWのサイトが解りやすいです)

ひとつの試合で少なくとも12ゲームは行なわれる計算ですね。
(一方的にストレート勝ちした場合)

live-03

画像クリックでハッキリ表示

ゲームが始まったら、
“1ST GAME WINNER”と”2ND GAME WINNER”のふたつを
ベットメニューエリア(赤枠)の上方に持ってくるようにします。

各メニューの右端に☆マークが有りますのでクリック。
すると上方へ移動します。
(「GAME WINNER」はゲームが始まってから出現する項目なので開始前に設定できません。)

視界に入る範囲内の他のメニューは全て閉じてしまいましょう。<目障りなので

ベットの方向性

基本的にはサービス(サーブ)側の選手に1ゲームずつベットしていきます。
テニスの基本はサービス側(攻撃側)の選手にアドバンテージがあるから。
(実況で「サービスゲームをキープしました」とか言いますよね)

たいてい、サービス側の方がオッズが低くなります。
ここでサービス側にも関わらず、オッズが相手よりも高い場合ベットしません。
高い場合はブレイクされる可能性が大いにあるという意味です。

「GAME WINNER」の表示について

表示されている間にベットしなければメニューが消えてしまいます
これは試合が進む毎に出現しては消えて・・・の繰り返し。
タイミングを外すと、ベット自体できなくなってしまう・・・
これがLiveベットの辛いところでもあり、面白いところ。

図でイメージしてみますね。
ふたつのパターンでブックメーカー側が提供してきます。

live-betmenu-01

画像クリックでハッキリ表示

 

まずひとつめの「パターンA」

画像左端がゲームスタート。右へ行くほど時間が進むイメージです。
4ゲーム目の辺りまで作ってみました。

「パターンA」 Liveベットに最適なタイプ。
「GAME WINNER」メニューが表示されている時間が長い。
 Liveベットの醍醐味ともいえるシステム。やってて楽しい!

試合中はずっと「現在のゲーム」と「次のゲーム」のふたつのメニューが表示されています。
ベットに関して考えながら出来るメリットがあります。

live-betmenu-02

画像クリックでハッキリ表示

 

次に「パターンB」

パターンBは選手間の実力差が開き過ぎていて、一方的になりそうなゲームに適用されます。
もしくはあまり人気の無いゲームになるかな・・・

ブックメーカー側も考えてますので、損をしないようなタイミングで表示するわけです。
このパターンになってしまうと、Liveというよりも”予想”という感覚になってしまうので面白くない・・・

ということで、この「パターンB」になってしまった場合にはベットを止める。
・・・ことにしている。私の場合。
これでもベットしたい方はどうぞ(笑 お勧めは致しません。

さて、これより「パターンA」で楽しむ方向で説明します。
下図は1ゲームをイメージ化してみたもの。
各ゲームでのベットタイミングはほぼココになるでしょうね。

live-betmenu-03

の前後あたり。
「40(forty/フォーティ)」に進んだ辺りで次のゲームにベットします。
これを続け、「負け」を避けながら繰り返すことを基本路線とします。

「Deuce(デュース)」になった場合

そのまま傍観しますが、
デュースを繰り返す場合(3回以上~)にはキャッシュアウトした方が安全です。

「キャッシュアウト」

live-cashout01
(ベット金額はテストのため端数でベットしています 細かくてスミマセン^^;)
キャッシュアウトはベットを途中で取り消すことで、
オッズに対する予想額の見返りをあきらめて、少しでも戻そうという考え方。
ただタイミングによって、元本よりも多くなる時があります。

live-cashout03
(別のゲームになってますが気にしないでね 元本よりも大きくなった例を後から作ったもので)

ベット額よりもキャッシュアウト額が上回っています。
このタイミングでキャッシュアウトできるのが一番良いパターン。
自分のベットが有利に動いている途中であれば、こういったことも可能です。

live-cashout02
(キャッシュアウト成功の図)

注:
ハナからキャッシュアウト目的で少しずつ稼ぐようなことを頻繁にやっていると
規制されることもあるので、基本的には上記のような場合にのみ行なって下さい。

さらに。

上記のタイミングでゲーム状況を観ながらベットしていくのですが、
オッズが1.10より低いとかなりの薄利状況で推移します。
ビギナーはこれで慣れた方が良いかと思いますが、
一発の負けで、せっかく積み上げてきた勝ちが一気に無くなります。
これもまた辛い。
そのため、「ヤバそうだな・・・」と感じたら止めておくのが良いのですが、
タイミングをみて相手側に転じてベットするのも手です。

“ダブルベット&キャッシュアウト”

現在、ひとつベットしているとします。
状況が少し悪くなり、
最初1.10オッズだったものが1.50とかになる場合があります。
それでもたまたまミスっただけで、まだ勝つ見込みがあるという状況では、
「直ぐに1.50のオッズでベットし、その後タイミングをみて
先に1.10でベットしたものをキャッシュアウトする」

という手もあります。

一時的に同じゲームにふたつベットしている状況が生まれるので、
「ダブルベット」と言っています。
先に現ベットをキャッシュアウトしてから、
新たなオッズにベットするのもOKですが、
ほぼ時間的にLiveでは間に合いません。

そのため、先に新オッズでベットを入れて後からキャッシュアウトします。
この間、ゲーム内では1ポイント進んでいるでしょう。

パターンとしてはデュースに突入したときにあてはまり易いです。
ADV(アドバンテージ)が決まるタイミングでの
キャッシュアウトが一番良いでしょう。

もちろんキャッシュアウトせず、
そのままダブルベット状態で勝ち逃げできれば最高です。

今回タイミングが取れず、画像で説明できないのが痛いですが、
こういった手も含めて少しでも利ザヤを増やしていきたいですね。

まとめてみる。

「GAME WINNER」メニューでベット
繰り返しで少しづつ増やす
状況を見て相手側からもベット
キャッシュアウトを上手く使う
オッズ更新状況に手を打つ(「ダブルベット&キャッシュアウト」)
ブレイクしそうならチャンス!
  その後のゲームでブレイクバックもあるかも。
セット間の休憩では1stサーブの確率などを確認しておきましょう

いくつかテニス用語を使ってきたので、
テニスに疎い方には解り辛いかもしれません。
ある程度ルールを理解してから実施すると、
更にベットを楽しめるようになります。
また、選手のプレースタイルによってはベットし易い・ベットしづらいなど出てきます。

live-nadal

私は個人的にラファエル・ナダルが好きなのですが、彼のゲームはベットしづらいです^^;
なにせラリーが長くなることが多いので、心臓に悪くって(笑

相性良いのはフェデラー。
彼の「C’mon!」の声を境にギアUPしたと分かります。
必ずブレイクしてくれますね~(^^

なかなか言葉で表現できない部分がLiveベットにはあるので、
上手く説明できていないかも・・・
「こんなときはどうなの?」とか「意味がよくわからない・・・」などあれば
下記コメントボックスよりメッセージ下さい。


3 Responses to “テニスで勝つ!Liveベットの考え方”

  1. タカハシ より:

    >>基本的にはサービス(サーブ)側の選手に1ゲームずつベットしていきます。

    その際の選定基準はどうでしょうか?当然全ての試合の全てのゲームウィナーにかけていくわけではないかと思いますが、具体的にどれくらいの実力差があり、どれくらいのオッズで狙っていくのでしょうか?また、対象のゲームウィナーにベットする指標はありますか?

    >>これを続け、「負け」を避けながら繰り返すことを基本路線とします。

    ここが具体的に知りたいです。負けを避けながらは当たり前だと思うのですが、具体的なロジックがあれば知りたいです。

    >>そのため、「ヤバそうだな・・・」と感じたら止めておくのが良いのですが、
    タイミングをみて相手側に転じてベットするのも手です。

    どのようなタイミングでしょうか?

    >>それでもたまたまミスっただけで、まだ勝つ見込みがあるという状況では、
    「直ぐに1.50のオッズでベットし、その後タイミングをみて
    先に1.10でベットしたものをキャッシュアウトする」

    上記に関しては、非常にリスキーで、”勝つ見込みがある”レベルで用いるにはいたずらに負けが大きくなるだけだと思います。当初より期待値が下がっているにもかかわらず、ベット額を増やしているわけですから。
    また、”たまたまミスった”レベルで一気にオッズが跳ね上がるようなケースにはそもそも1.1クラスの鉄板オッズはつかないのではないでしょうか?

    私はなるべく多くのデータを集め、拙いながらそのデータに裏付けされた期待値を元にロジックを作り、ベットに関しては”カン”や”感覚的”を基本一切考慮しないように心がけているものです。批判的な内容に聞こえてしまったらすみません。是非ともお考えをお聞かせください。

  2. タカハシさん—————

    kainと申します。この記事へのご意見ありがとうございます。
    この記事自体は別の者が書いた記事ですが、大方の方向性は享受できるものなので公開させて頂いております。
    また、私がタカハシさんへレスをすることに関してご了承頂きたいと思います。

    以下の考え方は私達(P4T.NET)の共通するナレッジベースとしての考え方です。

    ビギナー向け情報ではありませんのでご了承下さい。
    言葉ではなかなか上手く表現できないため、今まで記事に出来ていない内容になるかもしれません。
    今回の記述にもそれぞれの受け取り方により、様々な考え方が出てくるかと思われます。
    この辺りは、個々の指向により千差万別になってきますことをご了承下さい。

    #ビギナービジターへの注意—————
    この情報はビギナーの皆様が必ずしも必要とする情報ではありません。
    このような準備が無くともブックメーカーで利益は出せます。ただし、確率を上げたい場合に必要な情報となります。
    また、このような情報に悩まされてベットが上手く運ばなくなることも多々有ります。
    こういったことは戦略的にブックメーカー投資を行なう際には避けて通れません。
    予めここで記述しておきます。

    まず、前提として「Liveテニスマッチ(あくまで”Live”ベットに関してです。事前ベットのお話ではありません)」へのベットは幾つかの方向性がありますが、私達(P4T.NET)は大きく分けて2つの区別をしています。言葉で表すと”Basis”及び”Uncertainty”となります。日本語に直す場合、「基礎情報」及び「不確定要素」と表します。
    01 : “ベースとしての前提”には
    ・サーフェスの種類
    ・開催都市の環境
    ・開催季節/時期
    ・ボールの種類
    ・大会環境の状況(途中変更される場合有)
    ・賞金設定状況
    (上記は事前ベットでも有効情報となる)

    02 : “不確定要素から読んで設定する軸”(“Edge”)には
    [プレイヤー要素となるもの]
    ・ランキング/最近のマッチ結果状況/ケガ・体調状況/マッチ間隔/プライバシー情報
    [その他]
    ・天気/気温/湿度
    ・マッチスタートタイム(初期設定時間よりどの程度遅れているか)

    コメント/質問への回答—————
    >>その際の選定基準はどうでしょうか?
    私の場合は、基本的にATPトーナメントのみしかベットしておりません。
    更に、オッズで狙うことはまずありません。
    「?」と思われるかもしれませんが、これは正常な立ち位置に戻って考えて頂ければご理解いただけるかと思います。(「テニスを純粋に観戦する」というベースからベットしています)< この時点で"ロジック"というものは私の中では成り立ちません ATPプレイヤーにそれぞれ思い入れがあるため、その時々によってベットに関する考察が変化します。 基本は上記に挙げた方向性要素をベースに考えますが、状況により変化していくのがLiveベットですので"指標"というものはあえて作りません。そのため、実力差どうこうという古典的なベットの仕方ではありません。 多分、「実力差」というのはイコール「ランキング」という指標になるかと思われます。 ATPのランキングではTOP5以下のランキングは総体的に不確定です。更にRank40以下~/Rank80以下~/Rank100以下・・・はもっと不確定です。 >>どのようなタイミングでしょうか?
    この場合の”Live”というのは「試合映像」をLive-timingで観ている状況になります。
    プレイヤーの表情変化であったり、フォルト状況及びサービスでのダブルフォルトなど、プレッシャーが掛かっていると第3者的に解る場合となります。
    数シーズンATPツアーを観ていれば把握できる状況だと思います。

    >>「直ぐに1.50のオッズでベットし・・・
    Liveの場合ではオッズ変化がプレイヤーのポイントひとつひとつで変化することはご存知のとうり。
    劣勢に考えられるポイントを獲られた場合、オッズはコンピュータ判断により反転します。
    こういった状況はオンラインベッティングにはよくある状況です。
    ここで、プレイヤー状況(心理的に追い込まれているのか・ただのミスなのか)を判断して取り返しを狙うベッティングです。

    >>当初より期待値が下がっているにもかかわらず
    「ベット額を増やす」という状況に見えますが、これは”短期”のプロポーショナルベッティングと捕らえて頂きたいところです。単なるミスの場合には統計的に殆どの場合取り返します。(78%< 詳細計算式は現状では公開しません) 私達は50%以下の場合・・・いわゆる「2択状況」の場合には"リスキー"と言いますが、51%以上であればリスキーとは言いません。 タカハシさんの言われるこの場合の「期待値」(edge)というのは、その「瞬間」数十秒のものであり、一貫したその試合(マッチ)のものとは異なります。私達は基本的にはマッチオッズに対してedgeを定義しますので、Liveベットの場合には別途の考え方となります。 >>また、”たまたまミスった”レベルで一気にオッズが跳ね上がるようなケースにはそもそも1.1クラスの鉄板オッズはつかないのではないでしょうか?
    付きません。ここではオッズを出すコンピュータ側が「不利」状況を判断した場合に於いて、実際には「勝つ」プレイヤー側に少し多めのオッズを出している状況のお話です。

    >>私はなるべく多くのデータを集め、拙いながらそのデータに裏付けされた期待値を元にロジックを作り、ベットに関しては”カン”や”感覚的”を基本一切考慮しないように心がけているものです。
    結構なことだと思います。ロジックというものが確立できるといいですね(^^)
    私達はその方向性に反するやり方をしているのかもしれません。
    「ロジック」というものを出したいのですが、やればやるほどパターンやロジックというものからは反発されていきます(笑
    幾つかの複合論理+状況判断で行くしかないのかな?とこの頃は考えていますね。
    いずれ文字にしてここで公開出来ればと考えておりますが、現在はまだまだテストベット中です。
    「ロジック」などというものに囚われると、その出所が不確定なものなのに金を払ったために信じてしまう・・・という、一種おかしな思考状況になりがちです。
    このようなものは海外には一切ありません。どこを探してもそのようなものが無いのはプロベッターならよく解っているはずです。
    その様なものが堂々と取引され、情報を信じてしまうのは日本人だけなのです。<残念ですが。
    どこかのブログの様に中途半端なものにすると私達は海外から叩かれるので・・・(笑

    以上、返信としてご納得されるかどうか解りませんが、現時点でのご返信になります。
    タカハシさんも、出来れば楽しくベッティングをお楽しみ下さい。
    kain
    Bookmaker Info site of Japan.
    https://praying4time.net

  3. わし より:

    praying4time.netのスタッフの皆様。
    はじめまして、わしと申します。

    以前からこちらの記事を幾度となく拝見させて頂いておりました。
    情報量は圧倒的ですが志ある者ならば全て受け入れる開口、ですがビギナーに対しては敢えて厳しい。人は努力無くして報酬を手に入れてはならないのだと改めて思い知ります。
    スポーツブックと言う世界、各々の選手たちやチームが名誉や誇りそして自身の生活のため日々戦っています。その世界を相手に容易い事等在り得ないのですね..
    こちらにそのヒントは散りばめられていると思います。
    数値や手法など求めず五感で感じ真剣に思考せよ、と。

    この記事のコメント欄を見てブックメークに対するスタンス(特にテニスにおいて)を強く教えて頂いたと思っています。
    スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

コメントを残す

page top

Translate »